スポーツ用品特集!バスケットボール編

バスケットボールには様々な道具用具があります。その用具の特徴を知ってバスケットボールを楽しくプレイできるようにしていきましょう。

バスケットボールユニフォーム

スポーツ用品の中でも、バスケットボールのユニフォームの特徴は何といっても速乾性があって吸汗性のあるポリエステル素材のものが主流となっています。バスケットボールユニフォームには、規定が細かく決められていて、厳しいことで知られています。各チームは淡色と濃色の2種類を用意することが義務付けられていて、淡色の時のシャツは白、濃色の場合は白以外とされています。その他にも、使用不可な色や、ユニフォームのストライプの幅などデザインにまで規定がされています。

バスケットボールシューズ

バスケットシューズは、運動靴に比べ、室内で使う際のグリップ力に違いがあります。運動靴とバスケットシューズのソールの裏を比べてみると、バスケットシューズのほうが細かくできています。グリップできないと怪我をする可能性も出てきてしまいます。瞬発的に動いたりしますので、選ぶ際のポイントに。

バスケット用ボール

yuya takanoさん(@yuya.49)がシェアした投稿


ボールの素材は大きく分けてゴム素材と、革素材のボールになります。革素材のボールには天然皮革ボールと、人口皮革ボールというものに分けられます。バスケットボールにもサイズがあります。小学生は、男女ともに5号、中学生以上になると女性が6号、男性が7号になります。ボールを使う環境によって使い分けがされています。

バスケットボール小物

バスケットボールに使われる小物にはたくさん種類があります。ボールを入れるリュックや、バスケットシューズを入れる袋、インソールなど多種多様にあります、また、バスケットボール好きにはたまらないのが、有名チームのキーホルダーなどのアクセサリーや、タオルケットなどもあります。

まとめ

バスケットボールの、スポーツ用品はユニフォームやシューズ、ボール、小物などあります。特徴や素材によって使用感が異なるため、試着し、手に取って確かめてから決めましょう。
また、バスケットボールは昔、競技人口が少なかったが日本に伝来し、アニメなどの普及によってバスケットボール人口は増えてきています。バスケットボールには、様々なルールがある一方、見ている人を興奮させるような鋭い動きで観客を魅了してくれるスポーツです。手に汗握る熱い思いが試合会場で感じることができるのも、バスケをこよなく愛する人たちがいるからと思います。バスケットボールは知れば知るほど面白いスポーツです。