お金がかかるスポーツのひとつであるゴルフ

ゴルフ専門のスポーツ用品店はどのようなお店か、なぜ専門店が多いのか。今から始める人に知ってほしい、いろいろなゴルフアイテムの一部をみてみましょう。

ゴルフのアイテムは高額になる

スポーツ用品の中で、ゴルフの道具は高額です。ゴルフは専門性が高く、大型量販店の中には、ゴルフ専門のお店を出しているところもあります。また、スポーツ用品の中古店にも、ゴルフ専門店があることが多いのも特徴です。もちろん、テニスや野球もすそ野が広く、専門店がありますが、ゴルフは目立って多いです。クラブは高額ですが、一度揃えれば長く使える丈夫な道具が多いです。もちろん、ボールやグローブのような消耗品は、頻度によっては、すぐ廃棄する羽目になりかねません。また、雨に塗れたままで適切な処置をしなければ、劣化は早いでしょう。他のスポーツ同様に、消耗品にもそれなりの金額がかかりますので、大切に使いましょう。

ゴルフクラブは、同じものでも人によって使い勝手は全く違う

実は、クラブは見た目に関して大きな差はありませんが、使い心地という点では、人によって全く感じ方が違います。よく飛ぶという謳い文句の商品でも、使ってみると合わなかった、というのはよくある話です。そのようなことがないよう、試し打ちのコーナーを設けているお店が多いです。また、使い勝手の悪い道具は、壊れていなければ中古屋に売る人もいます。これは、フォームや力加減などさまざまな要因から、高額なクラブであっても、使い勝手は人によって違ってくるからです。購入の際は、試し打ちができ、専門知識を持った店員さんが在籍するスポーツ用品店を探しましょう。

最初からすべてそろえる点について

クラブは1本、数万からと高額になりがちな商品です。人にもよりますが、グリーンに持っていけるクラブは14本程度です。数万円が10本以上というだけで、総額を想像できるでしょう。最初は、ドライバーとパター、アイアン数本で練習をするという人もいます。お店で一通りそろえることをおすすめされても、まだ初心者で使えないとはっきり伝えることも大事です。使えない道具は邪魔になるだけです。ましてお金も場所もとられ、重いので、グリーンに使わない道具を何本も持参することは、体力も気持ちも消耗します。

ゴルフの道具は揃えたから上手くなるわけではない

ゴルフのように使うアイテムが多いスポーツも、珍しいと思います。ただ、最初からすべての道具を揃えることについては、ゆっくり考えるべきです。最初は遠くに飛ばす用、少し遠くへ飛ばせる中距離用、近くに転がす用、バンカー用と、使い分ける程度でも十分です。5番アイアンと7番アイアンを使い分けができるまでには、ある程度の経験が必要です。高価な道具があれば上達するというわけではありません。自分のレベルに合わせて買い替える方が、効率的です。